乾燥肌40代のコラム

MENU

乾燥肌は様々な点でトラブルを引き起こします。

乾燥肌になってしまうと角質のキメが悪くなり、化粧のノリも悪くなってしまいます。

これだけでなく肌のバリア機能も低下してしまう為、ニキビや湿疹、痒みといった肌トラブルも起きやすくなります。
紫外線のダメージも受けやすくなるので、シミが出来てしまう要因にもなってしまうのです。

 

肌トラブルや肌老化を引き起こす乾燥肌ですが、スキンケアをしっかり行う事で改善する事は可能です。
ただ、間違った基礎化粧品を選んでしまうと、かえって乾燥肌が酷くなってしまうので注意しましょう。

 

乾燥肌を防ぐ基礎化粧品を選ぶときのポイント

肌が乾燥している時の基礎化粧品選びは、まず保湿成分が十分に配合されているか、チェックする事が大切です。

セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンにプラセンタエキスといった、保湿効果の高い成分が含まれていれば十分に肌を潤わす事が出来ます。

 

ただ、基礎化粧品を選ぶ際、含まれている成分に気を付けるだけでは無く、何が使われていないかも必ずチェックしましょう。

 

例えばアルコールを配合している基礎化粧品は、皮脂の分泌が少なくなるので乾燥が進んでしまいます。
美白化粧品によく使われているビタミンC誘導体も、皮脂分泌をコントロールする作用があるので、乾燥肌の方には向いていません。
肌を乾燥させるような成分が使われていないかという事も、基礎化粧品を選ぶ際の大切なポイントです。

 

トップページに戻る>>